MENU

借金はしたくないと思います

 

 

 借金をしてしまうと、その事実が重く心にのしかかってしまうのですが、だからこそ返済がすべて終わったときには言い様のない安堵感があります。
 以前、私は消費者金融から15万円ほど借りていたことがあったのですが、その借金を返し終わったときには、とても晴れ晴れとした気分になりました。

 

よくよく考えてみれば、借金をしていない状態になったところでそれはプラマイゼロ、つまりは普通の状態なのですが、借金をした状態からプラマイゼロになると、何だか儲かったかのような錯覚に陥ってしまうのですから不思議です。
 そして、借金のない状態というのが、とても清々しい状態であると、私は借金を返済し終わったときに初めて知りました。

 

おそらく、借金をしているという事実が、無意識下においても精神的に強くプレッシャーをかけ、生活を苦しめていたのだと思っています。
 本当ならば借金はあまりせずに生きていければそれで良いのですが、数年に1回はどうしても借金をしなければお金を用意できない事態が起こってしまうため、そんなときは精神的に負担が増えるのを承知で借金をします。

 

 ただ、借金を返済し終わったときの安堵感を知っているならば、その感覚を味わうために借金の返済を頑張れると私は思います。

 

 

 

 

私の父は私が子供の時に借金をしていました。
知り合いやサラ金にお金を借りていたのです。

 

でもそれは全部ギャンブルや遊びのためだったのです。
そのためには母とても辛い思いをしてきたでしょう。

 

父は仕事を休んでまでも、競輪競馬に行っていました。
毎晩パチンコへ行っている父を、母は迎えに行っていたのです。

 

母の給料日には父がすぐに職場に、先にとりに行っていたのです。
そして全部ギャンブルで消えてしまったのです。

 

そんな両親を見てきました。
私もお金がないせいで、悔しい思いや悲しい思いを何度してきた事でしょう。

 

友達と映画にも行けませんでした。
可愛い服も着れずに、いつもおさがりばかりでした。

 

そんな生活をしてきたせいか、今ではとてもお金に執着しています。
お金がないと不安なのです。

 

だから私は借金はしないし、誰にもお金は貸しません。
それが当たり前だと思っています。

 

お金は人を変えてしまいます。
借金をしてしまうと、返済するのが面倒にもなるでしょう。

 

だからどんどん借金が膨らんでいくのです。
私は借金は絶対にしません。

 

お金はないと困るけれど、ないならないで生活をしたいと思っています。
わざわざ借金をしてまでも、生活をしていきたくないのです。
そんなことで闇金で悩んでしまった時にはこちらへご相談ください。

 

借金をする際の心構えとオトクな方法

 

様々な理由で今すぐお金が必要だという時はあります。
しかし、借金をするということはその後の返済についてしっかりと考えなくてはなりません。

 

例え5万円を借りたという場合に、現在多くのキャッシングは月々の返済が3千円や2千円ということがありますが、その分返済期間が長くなるという覚悟が必要なのです。
5万円を借りて使うのはたったの一日でも、返済するのには1年以上を要することがあるということをしっかりと頭に入れることが大切でしょう。

 

また、総返済額は金利と返済期間によって変わります。
出来るだけキャッシング等での借金をする際には金利の低い業者選びをすることが重要です。

 

そして、現在は通常の金利が高いはずであるキャッシング業者でもキャンペーンなどにより金利がゼロというプランを行っている業者があります。
その場合ですと、大手の金融機関よりも結果的にはオトクに借金をすることが出来るためオススメです。

 

ほとんどの場合、金利ゼロキャンペーンは始めて借金をするという方が対象ですので、これまでキャッシング等を使っての借金の経験が無いという方は一度チェックすると良いでしょう。
とにかく返済することを考えて借り入れをする。

 

これが借金する上での基本ですので、金利のことはしっかりチェックして返済期間とその額をを確認しましょう。

 

 

借金を生まれて初めてした理由

私が生まれて初めて借金をしたのは、20代前半のころでした。
借金と言えばなんとなく怖そうなイメージがあったのですが、実際には全くそうでは無く、若い女性であっても安心して利用できることが分かりました。

 

私は借金をした理由が、遠方で行われる法事に参加するためでした。
当時は給料日前でからっきしお金が無いタイミングに突然法事が起きてしまい、喪服も持ってないので買う必要があったりとお金をどう工面するかで頭がパニックになりそうでした。

 

しかし、キャッシングを頼れば申し込んだその日のうちにお金を貸してくれるサービスもあるのだということを知り、私は恐る恐る消費者金融を使ってみることにしました。
私は借金を消費者金融から行うことにしましたが、消費者金融はスピーディーに迅速な対応をしてくれるサービスが多いので、急ぎでお金を借りたい時には本当に助かるサービスだと思います。
借金返済

 

借金の手段の中でもメジャーでしたし、私もすぐにその場で一時間ほどの手続きで審査結果を伝えてもらい、お金を借りることが出来て助かりました。
お金が無いとするべきことが出来なかったり、自分が精神的にしんどい思いをすることが増えるので、そんな苦しい時には思い切って借金をすると上手くピンチを切り抜けられると感じました。

 

 

 

更新履歴